20-strings-koto player
Gayo Nakagaki
English
二十絃箏奏者/作曲家
中垣 雅葉 (GAYO NAKAGAKI)
1969年神奈川県生まれ。5歳より生田流箏曲を学ぶ
1990年にNHK邦楽技能者育成会(第35期)修了
1993年横浜国立大学建設学科〔海洋工学〕卒業
1996年NHK邦楽オーディション合格
古典のみならず、クラシック、ジャズ、ポップスから現代作品まで幅広いレパートリーを持つ二十絃箏奏者として注目を集める。

近年は様々な楽器・ジャンルとのコラボレートを試み、オリジナル楽曲を中心とした、二十絃箏の新しい世界を展開。
日本の伝統と革新をテーマに生み出される楽曲は、和と洋の音色が美しく重なり合い、国内外を問わず高い評価を得ている。

「Cartier:Roadster」「Geneva International Motor Show」などブランドイベントのイメージ曲や、 第60回十日町雪祭り」「シンクロナイズドスイミング世界大会」オープニングテーマ曲を手がけた他、 プロ野球開幕戦(札幌ドーム)での国歌「君が代」演奏、角川映画「源氏物語」、宝塚歌劇団「春の宴」のレコーディングなど数多くに参加。

また、ハンガリー「ブタペスト春の音楽祭」、モルドバ共和国「ジャパンファンタジーコンサート」への出演やウィーンでの作曲活動など、海外でも積極的に活躍している。

【GAYOプロフィール(PDF)(49MB)】
「ベルベットの手袋」 ミセス8月号(2004)より一部抜粋
「中垣さんの奏でる音は、したたり落ちる水滴のように潤いに満ちていて優しい。 と同時にこちらの甘えた心にピシリと活をいれてくれるような、繊細な音色の奥に強靭な魂が息づいている。 それは中垣さん自身とも共通していて、優雅な口調と物腰の奥に、強い意志を感じさせる。 そんな状態を英語で「ベルベットの手袋に包まれた鉄の拳」と形容するのだが、ハヤリのヒーリング音楽と油断していると、心を揺るがす鉄拳が潜んでいるからご用心。」
撮影:熊澤透、文:堀井美智子
GAYO profile picture
作曲・演奏・レッスンのご用命は、GAYO STUDIOまで
GAYO STUDIO
〒151-0062
東京都渋谷区元代々木町10-5
クマガイビル4F
090-5314-4257
gayo@gayo-studio.com